Season5 浪人生〜処女喪失〜

  • 2011/10/19(水) 19:07:13

気がつくと更新を半年間もサボってました。
その間も通ってくださった方、新たに通い始められた方ありがとうございます。
今後は週1での更新をしたいと思います。

さて、表題の処女喪失。

やっぱり伝言ダイヤルで知り合った人なんですけれど。

電話で結構盛り上がって、やる約束をしたんです。
当時は携帯なんかないから画像交換もなし、待ち合わせ場所を決めて目印を持ってって言うのが出会いの形でした。

聞くと、彼の最寄り駅に車で迎えに来ると。
赤い車で行くからと。

で、こちらも服装などを教えて約束の駅へ向かいました。

駅前のロータリーで待つことしばし、「赤い車来ないなぁ」と思ったところに赤い車登場、それも見事な走り屋さんの車。

ちょっと引きましたが、出てきたのは結構イケメンの優しそうなお兄さん。
今までずっと年下ばっかり追っかけてましたが、初めての年上です。

「ユウタくん?」

「はい」

「ドライブ行こうか?」

「はい」

緊張でハイしか言えませんでした。

で、ドライブはどこかの山の中。

ここでやられるのかなぁと思ったらば、空を見上げるお兄さん。

「ここから見る星がきれいなんだよね」

Hモードの俺は大いに驚きました、この発言。

その後お兄さんの自宅にお持ち帰り。

そこで少し話をした後、脱がされました。

口や手で丁寧に愛撫してくれ、一応タチなんでこんな経験始めてかもと思ってたら、穴まで念入りに愛撫されて・・・

「いい?」

「はい」(ここは緊張じゃなく気持ちよさでつい・・・)

「力抜いて楽にしてね」

「いくよ」

自分の体の中に、お兄さんの物が挿入されました。

特に痛いわけでもなく、すんなり入ったのは愛撫がすごく上手だったからか、はたまたお兄さんのが小さかったのか・・・多分前者だと思うけれど。

処女を喪失して、気持ちよさに身を任せていたら、

「中で出すよ、いい?」

「えっ?」

そう、コンドームなしで生挿入されてました。

「うっ・・・」という声とともにお兄さん、いってしまいました。

その後お兄さん、チンポを入れっぱなしで

「今から抜くけど、抜いたらすぐトイレに行って力んで」

こっちは何せ処女、しかも初めての中だし。

訳も分からないまま、おにいさんの物が抜けた途端にトイレに駆け込みました。

結構すごい量のお兄さんの精液が排出されました。

「こんな量なら身体の中で無く手で、口で、体全部で受け止めたかったな」と思いましたが(笑)

その後、また丁寧に手や口を使っていかせてもらって、ものすごく満足でした。

その夜はお兄さんの家に泊めてもらい、抱きしめられながら色々お兄さんの話を聞きいつの間にか眠ってしまいました。

翌日、駅まで送ってもらいお別れしましたが、何だか名残惜しい別れでした。

俺の処女を奪ったイケメン兄さん、また合いたいなぁ。

Season5 浪人生〜包茎くん〜

  • 2011/05/14(土) 00:00:00

浪人にもかかわらず、学業そっちのけで欲情していた俺。
ま、若かったですからね

さて伝言ダイヤルで色んな人と知り合って、沢山の人と会いましたが印象深い人を数人。

今回はそのうちの一人〜包茎くん〜

実はこの子、1回目の電話では盛り上がりに欠けたのか記憶になかったのですが、数日後電話が掛ってきて、開口一番「包茎は嫌いって言ってましたよね」と。

誰にもそんなこと言った覚えは無かったので「そんな事言ってないよ」というと「これから会えませんか?」って。

ってか、いきなり電話で包茎嫌い?って聞いて、その後会えませんかってやる気満々じゃんみたいな。

家が近所だったので30分ほどで彼が待ち合わせ場所の俺の家の近くに原チャリで現れました。

結構可愛かったので、そのままお持ち帰りをして部屋で色々聞いてみました。

包茎だと嫌だって人が多い事、だから経験した事が無い事など結構赤裸々に話してくれて俺のボルテージは上がる一方。

触ってみると、はち切れんばかりに硬くなっていたので「いい?」って聞くと「うん」。

もう、お腹のすいた野獣に御飯が向こうからやってきた感じです。

シャワーも浴びず一気に脱がせてむしゃぶりつきました。

包茎なのに何のにおいもしなかったのはきっと、彼もやる気満々で家でシャワーを浴びてから来たのでしょう。

身体は美味しく頂きましたが、ちょっとだけ不満が。

包茎とはいっても、彼のは真性だったらしく全く剥けなかったので皮ごと頂いてたんですが、なにせ肝心の一番感じるところが皮の中。

下を皮の中に入れても痛がるし。

初めてのHで興奮はしてたんでしょうからすぐに果てましたけど、射精も皮が邪魔してドロドロって感じで。

包茎は別にかまわないけれど、射精は勢いよく出てくれた方が気持ち良かったな〜なんて思いました。

その後数回あってHしましたが、自然消滅。

彼、今も包茎なのかな〜なんて思う今日この頃。

Season5 浪人生〜同僚〜

  • 2011/05/13(金) 00:00:00

かなり久しぶりの♂のパンツが・・・なんて事にショックを受けつつも、伝言ダイヤルにはどっぷりはまってしまって。
それはこの先に書いていくとして、今回はタイトル通り「同僚」

浪人生とはいえ仕事もしていた俺は3人の同僚と一緒に住み込みで働いてました。
中にMくんという同じ歳の子がいて不思議と気があってました。
時には一緒にお風呂に行ったり結構仲良く行動を共にしてました。

そんな中、雑誌の出会いコーナーみたいのに投稿していた俺の元に1通の手紙が来てました。
ま、もし良かったら会ってみませんかって言う手紙ですね。

差出人の人は残念ながらタイプではなく、手紙は部屋の机の上に放置してたんです。

そんな時。

Mくんが「あの手紙どうすんの? 俺が返事出そうか?」と。
「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?」って感じですよね。

そう、手紙を読まれてたんです。

実はその前に俺も彼がお仲間だという情報を得ていたので、お互いに強制カミングアウトしてしまった訳です。

偶然にも同僚にお仲間って、しかも仲のいい同僚って。

その後その同僚との付き合いは一変しました。

好みの男の話一色(笑)

さて、冒頭にも書きましたが時には一緒にお風呂なんかも行っていたので、彼の体は隅から隅まで知ってます。

知ってますが、タイプじゃない訳じゃないんですが・・・

欲情はしませんでしたね、お互いに。

やっぱりノンケとして知り合い、隠すことなく全部知ってると性的な興味は無くなるようです。

Season5 浪人生〜ヤクルトスワローズ〜

  • 2011/05/09(月) 00:00:00

ぶっ飛んでしまった俺は、当時のツールである「伝言ダイヤル」にどっぷりとはまりました。

簡単に言うと、吹きこまれたメッセージを聞いて相手に電話するって奴。

俺は一人暮らしの気楽さもあり「直電」(家の電話番号そのまま)と自己紹介を吹き込んでみました。

「身長●●●、体重○○、年齢19歳です、今夜ヒマなんで同じく暇な人電話待ってます。」みたいな。

するとメッセージを吹き込んでから数分後から電話鳴りっぱなし。
話しているとキャッチホンが鳴りっぱなし。
1人とお話を終えて電話を切ると、すぐに次の電話が。
ってな感じで3日位は1回のメッセージで連絡が貰えました。
やっぱ19歳って言うのは大きかったようです。

そんな中、話が会った同じ年の人と会うことが決まりました。
本人いわく「ヤクルトスワローズの○○選手に似てる」とのこと。

そんなに興味はない顔だったけど、初めて会う相手だしドキドキしながら駅まで迎えに行きました。

当時は携帯もなく、事前に容姿を確認するすべもなく相手の言う事を信じるしかなかったんですが。。。

約束の時間に現れた相手はどう見ても年上。
髭まで生やしてる(言ってた選手は髭はない)。

こりゃあやられたと思いつつ、わざわざ来てくれたんだしと家へご案内。

話しながら年齢は確かに同じ歳、見た目は全く似てないけど嫌いな感じではない、そしてお互い19歳の「サル」。

即効おっぱじめてしまいました。

小6以来6年ぶりの他人のチンコ。

もうね、むしゃぶりつきましたよ。

で、パンツを全部脱がせたその瞬間・・・

パンツのお尻側にうっすらと茶色い線を発見。

柄ではない、真っ白なパンツだったから。

一瞬にしてドン引きですね、ウンコ染みのパンツはいてくる♂なんて。

即効始めたHを速攻で中止し、丁重にお断りして帰って頂きました。

あれ以来・・・

ウンコ染み付けた♂は見た事が無い。

上京して最初のHがウンコ染みの♂なんて・・・と凹みまくりました。

そして、彼が帰った後怒り狂いながら何度も何度も歯磨きとうがいを繰り返した事は言うまでもありません。

Season5 浪人生

  • 2011/05/08(日) 00:00:00

何を考えたか商業高校だったのに大学に行きたいなどと考え、現役で受験するも失敗。

失敗理由?

そりゃ学力不足なんですが、忌々しい出来事が無ければ大学生になれてたんです。
母校は東京のある大学の指定校でした。
・・という事は高校での選抜に合格すれば大学へ行ける!
で、担任にも校長に話をして、他に受験生もいないし内申点も問題ないからユウタで決定となってました、夏までは。

もう、合格が決まっているようなものなので遊び呆けていたところ、ある秋の日に担任から・・・

「ユウタ、うちの学校指定校から外された」

もうね、目の前真っ暗です。

なんでも数年に一度一般入試で入学者が出ないと指定校のレベルが分からないので取り消しにしているとの事。

なんとまぁ。

で、一般受験した物のろくに受験勉強してないから、あっけなく不合格。

浪人生活に突入した訳です。

さて、この浪人1年目。

はっちゃけました。ぶっとびました。

今まで田舎で抑えられていた性への欲求が思いっきりはじけました。